津田楼

  • New
  • 一覧
2019.02.04
Category :

日本が誇る幕末・明治の美~2019

祇園・津田楼で楽しむ清水三年坂美術館コレクション

2019年1月19日(土) 正阿弥勝義

幕末・明治の美術工芸を展示する美術館として、京都・東山に2000年に開館した「清水三年坂美術館」。設立者であり館長である村田理如氏が20年以上にわたり世界各国にて収集してきたコレクションを鑑賞できる美術館として人気を博しています。1月は、昨年末まで4回にわたり紹介した「帝室技芸淫シリーズ」の番外編として、充分に「帝室技芸員」の実力を持っていたものの任命には至らなかった「正阿弥勝義」をご紹介いたします。写実的な表現と精緻な彫金、豊かな質感表現を駆使した作品をお楽しみください。ランチもセットでお楽しみいただける講座となっています。世界に誇れるコレクションとロマン漂う津田楼の空間の中で、タイムスリップしたような祇園の午後をお過ごしください。